人気ブログランキング |

私的な時間。



maybe

ー俳句ー
憶えてる? いや忘れてる 秋のせい

maybe_a0194990_14205020.jpg
                          無断転載禁止


今回は「忘れる」についてです。
記憶や意識していた事柄が、思い出せなくなるコトとか。
気にせずに、あえて思い出さないようにするコトとか。
病気とかといった仕方の無い場合もあれば、都合の悪いことをわざとごまかす場合もあります。
わざと忘れたい、都合の悪いコト。
それはついうっかりではなく、何らかの悪意を感じます。
悪いことをしてしまった場合、罰をまぬがれるために「記憶に無い」フリをするのは、政治家が得意とすべきところでしょうが。
なかなか、ごまかすことは出来ませんね。
かえって反省心が無い、往生際が悪いと。かえって、反感を買うハメになります。
悪事がバレてしまったときは、ごまかさずに謝りましょう。
犯罪者でも自首すれば、情状酌量されて罪が軽くなる場合もあるので。
当人は隠し通せると思っているのでしょうか、周りからはバレバレの場合も多いのです。
悪事を隠すために、また悪事を重ねたりしたら。更なる重い罪を背負ってしまうコトになりかねません。
ひき逃げ犯もそう。人をはねてしまった悪事を隠すために逃げる。でも、大体はバレる場合が多いようです。
その場合は、被害者を救護せずに逃げた分、より重い罰を受けるコトになってしまいます。
つまり、かえって隠そうとしコトで損失を被るハメになるのです。
加害者に対して、被害者の方は違う意味でわざと忘れたいかも。
事件の被害に遭ったコトによる、心的外傷後ストレス障害とか。
被害者になったことは、わざと忘れたい記憶ですね。
でも記憶というモノは、厄介なモノで。忘れたいと思うと、かえって鮮明になるそうです。
だから、大なり小なり被害に遭った人達に、恨まれる恐れを考えたら。
犯罪レベルの都合の悪いことでなくとも、謝ってしまいましょう。
かえって、誠実な人物だという評価を得られるかも。
正直者は馬鹿を見ません。それどころか、正直は一生の宝になります。
罪悪感に苛まれる人生を過ごすなんて、時間の無駄遣いですから。
限られた人生、自分に正直に楽しく生きていきましょう。






よかったらポチってくださーい♪
   ↓
にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
# by seroko4320 | 2020-10-25 19:00 | | Comments(0)

Bright future

ー俳句ー
晴れわたる 未来を予感 秋の空

Bright future_a0194990_14082833.jpg
                          無断転載禁止





今回は「秋の空」についてです。
秋の頃の高く澄みわたった空なのですが、人の心や愛情はかわりやすいという例えにも使われます。
女心と秋の空、と申しますが。
女性の方が、一方的に変わりやすいのでしょうか?
いえ、本来使われていたのは。男心と秋の空、だったそうです。
それは江戸時代に遡ります。当時は男性の不倫には寛大でしたが、女性の不倫は大罪でした。
だから、おのずと男性の方がお気軽に不倫に走れたワケで、その分移り気だったのです。
だから、そんな不実な男性に振り回されるんじゃ無いと、そんな戒め的な意味合いで、使われていた諺なのです。
では、いつから移ろいやすいのは男心では無く、女心になってしまったのでしょうか。
それは大正時代になってから、日本も西洋文化に感化されることによって女性の地位の向上し。
それにしたがって、女性の恋愛の価値観が変わったことによります。
女性は一般的に、男性より喜怒哀楽が激しく、感情的だと言われています。
その気質が開放されたことにより、女性は恋愛にも移り気で飽きっぽいというイメージに、なってしまったのかも知れません。
でも、あくまで本来は移り気なのは男性の方ですから。
それが証拠に、女心と秋の空のほうが広辞苑に掲載されるようになったのは、昭和の1998年からだそうです。
女性はとかく奔放になったと言われがちですが、それもつい最近になってのことですね。
草食男子、肉食女子という言葉もありますが。
古来より本来は、女性の方が奥ゆかしく慎ましくがあるべき姿だったようです。
それが男尊女卑だと、呼ばれていたようですが。
現代では主婦ならぬ主夫、そしてイクメンがもてはやされているようですが。
家事や育児を女性の仕事と決めつけること自体、今の時代にはそぐわないコトなのだと思います。
女性が時代と供に強くなって行ったというか、男性が弱くなって行ったと言うべきか。
でも、心の奥底では女性はいつだって。愛する男性に守られたい、頼りたいと思っているのです。
男性の皆さんは、覚えておいて下さいね。
女性の皆さん、特に何もかもに自立した人は。
時には大切な男性には、頼ることも必要だと言うことを。心に留めてください。
もちろん。あくまでお互い、依存しすぎない程度に。
そしてお互いを尊重できれば、女心も男心も秋の空のように変わりやすく移り気になる事もないでしょう。
どうか、あなたが大切な人と。末永く仲睦まじく続きますように。







よかったらポチってくださーい♪
   ↓
にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
# by seroko4320 | 2020-10-18 19:00 | | Comments(0)

ひとりごと

ー俳句ー
ひとりごと 秋のせいにして忘れて

ひとりごと_a0194990_21044940.jpg
                          無断転載禁止


今回は「ひとりごと」についてです。
聞いている相手がいないに、ひとりでものを言う事なのですが。
そのそも、どのようなときにひとり言を、言いたくなるでしょうか?
寂しいとき、辛いとき、または腹が立った時とかでしょうか?
平常時では無い場合が、多いのかも知れません。
不安や不満を言葉にする事によって、ストレス発散とか。
考えを言葉にする事によって、改めて確信したり納得したりとか。自分の気持ちを整理するために、呟く場合とかもあります。
中には精神疾患に関した場合も、あるそうですが。
とにかく。良いひとり言と、悪いひとり言があるのは確かです。
自分を鼓舞するための、もしくは落ち着かせるための自己暗示とか、ポジティブな言葉だったら良いひとり言なのだと思います。
だからひたすら自己嫌悪とか、他人に対する罵りとか。そういったひとり言は悪いひとり言と言えるでしょう。
日本古来から、言葉には言霊というある種の霊力が宿っていて。
それが、心身にも影響を及ぼすと言われています。
これも一種の、自己暗示のなせる技かもなのですが。
毎日鏡をみながら「可愛い」と思ってる方が。
確実に可愛いへの近道に、繋がりそうですよね。
人間の脳は、誤作動をよくおこします。それに、騙されやすい一面も持っているのです。
痛みを感じる場合も「痛くない」と思っていれば。あれ、そうかな?と脳が思い、痛みが和らぎやすくなったり。
「大丈夫」と思っていたら、本当に大丈夫になれる精神状態になっていったり。
この脳の勘違いを、上手く利用しない手はありません。
一人でブツブツ呟いてたら、変な人に思われそうになりますので。人前では、なるべく心の中で呟きます。
「大丈夫、出来る、成功する!」何故なら自分は、努力してきたから力がある。
だから落ち着いて力を発揮できる。大丈夫だ!的な。
そう、もう大丈夫なのです。
どうせ呟くなら、人生を良くするために呟いてみませんか?
きっと、素晴らしい未来が待っています。






よかったらポチってくださーい♪
   ↓
にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
# by seroko4320 | 2020-10-11 19:00 | | Comments(2)

炎上

ー俳句ー
恨めしく 唇をかむ 曼珠沙華

炎上_a0194990_21261470.jpg
                        無断転載禁止


今回は「恨み」についてです。
恨みとはどのような感情なのでしょうか。
それは、誰かにひどい仕打ちに遭った事を辛抱し続けた結果生まれてくる、マイナスの感情です。
幽霊が化けて出てくるときも、「恨めしや」ですね。
生前に受けたヒドイ仕打ちのせいで、成仏する事もままならず。
それで憎い相手に、恨み言を言うために出て来る場合が多いです。
ヒドい目に遭わされたのなら、気の毒であり同情の余地があるのでしょうか。
でも中には、自分が悪いことを棚に上げて、相手を逆恨みするといった、正しくない恨みも多いです。
例えば、ストーカーとかでも。自分の思いを受け入れて貰えないことを逆恨みして、相手を不当に憎み攻撃する。
受け入れて貰えないのは、圧倒的にストーカー側に問題がある事が多いのですが。
相手を理解することの出来ない幼稚さからとか。
相手を束縛することによって、または支配することによってでしか、自分の存在価値を見いだせないような気の毒な人。
著しく認知の歪んでいる、つまり性格の悪い人とか。
人にすがって、まとわりついて。ごねることによって自分の要求を通そうとするなど。
子供が欲しいオモチャを買って欲しくって、大声を上げて泣きわめくのと一緒ですね。
つまり、幼稚で心の狭い人が。不当な理由で誰かに恨みを抱く場合が多いです。
要するに、幼稚な甘ったれな人が逆恨みをしやすいと言えます。
いわゆる、人間的に底辺の人達なのです。
こういった人達は、相手にしないことが肝心だと思います。
それでも、しつこく絡んでまとわりついてくるので。
とても耐えがたい目に遭うかも知れません。
逆恨みは、対象の相手から恨みを買うだけの愚かな言動だと思います。
それに対し。正しい恨みなら、それを晴らすための努力というモチベーションに繋がり、プラスの効果が得られる場合もあります。
正当な理由もなく誰かを恨むなんて、自分を惨めにするだけでしかないと思います。
どうせなら、自分を貶めるようなマネではなく。高めるための努力に時間とエネルギーを費やすべきだと思います。
恨みさえ、自分を高めるための力に。それこそが、恨む相手に対しての最高の報復になるのかも知れません。
そうしたら喜びだけでなく、辛いはずの恨みでさえ。
人生を彩り豊かなものにする、素敵な贈り物だと感じることが出来るかも知れませんね。





よかったらポチってくださーい♪
   ↓
にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
# by seroko4320 | 2020-10-04 19:00 | | Comments(0)

time goes by

blue blue blue
そんな気分の時もあるけど もう大丈夫・・・

time goes by_a0194990_14153843.jpg
       無断転載禁止



今回は「ブルー」についてです。
青色、藍色の他に。憂鬱であること、もしくはその様といった意味もあります。
赤の動のイメージに対して、青は静のイメージがあります。
赤は自分を鼓舞するときの色に対して、青は沈静させるといったような感じです。
深く落ち着けるような、水底のような。
とにかく元気さではなく、冷静な落ち着きを必要とするときに良い色です。
色占いでも青を選ぶときは、理性的で感情をコントロール出来き、心身共に落ち着いている時が多いそうです。
また青春とか、半分青いとか。まだ成熟していない、途中の状態にある場合といった形容にも使われます。
ブルーな気分、と言えば。なんとなく、鬱移した気持ちの事を指しますね。
他にブルーといったら、どんなモノを思い浮かべるでしょか。
青い空、青い海、青い地球。
美しい自然を表現する時にも、使われる色です。
なのに、何故憂鬱なのでしょうか。
ブルースという音楽のジャンルもありますが、黒人の人が昔奴隷として使役させられていた時に由来するそうです。
空が青いと、つまりお天気が良いと働かなければならない。
だからブルー=憂鬱になったのだそうです。
空が良いお天気なのに、憂鬱になる。なんか、もの悲しくなりますね。
でも憂鬱なときは、自分の内面に向き合っているときなので。
普段は省みない、自分について考える良い機会です。
そんな時は、無理に足掻いたりせずに。ゆっくり体と心の力を抜いていきましょう。
実際に溺れてしまったときでも、その方が沈んでしまわないで済むそうです。
そしたら自然と、体が浮きますから。大丈夫になるのです。
時々、気分がブルーでも。全然、大丈夫です。
どしゃ降り後の青空は、きっといつもの空よりも澄んで青く美しいことでしょう。
だから、大丈夫なのです。





よかったらポチってくださーい♪
   ↓
にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
タグ:
# by seroko4320 | 2020-09-27 19:00 | 夜景 | Comments(2)

sky high

ー俳句ー
晴れ渡る 9月の空の その果てへ

sky high_a0194990_14011067.jpg
                          無断転載禁止


今回は「果て」についてです。
果てとは、物事の終わりとか限りとか。年月を経過した後の状態とか、広い地域の1番端の場所とか。
とにかく、あらゆる意味で挫折か達成かによっての、終焉のようなモノを感じます。
限界まで、達したという感じですね。
月なら新月から始まって、月齢15の満月に到達した感じです。
次の日からは、静かに欠け始めるのですから。
限界まで丸く輝く事の出来た夜の次の日の月は、既望とも呼ばれます。既に望みを過ぎた、という感じです。
またそんな月は、十六夜とも呼ばれます。
こちらは、ためらう、なかなか前へ進めないといった意味を持ちます。
限界に達した後の、月の燃え尽き症候群とかでしょうか。
これは、人の場合に特に現れやすいと思います。
それまで目標達成のために頑張ってきたのに。
達成した途端、まるで人生の目標でも失ったかのような。
そんな失意に襲われる場合も、あるそうです。
限界まで頑張って、自分の偉業を成し得たのに。
何やら、ぽっかり穴が開いたような気持ちになる。
こうなると人は、目標に向かってひた走りしている間が、1番楽しいのかも知れません。
だからといって、あまりに目標が達成出来なければ、途中で挫折して果ててしまいますが。
燃え尽き感を防ぐためには、常に新たな目標を設定し続ける必要があるようですね。
でも、あまり高い目標だと途中で挫けてしまうので。
ほどほどに高い、でも容易い目標が人には要るのです。
独身女性だったら、まず彼氏を作る。そして結婚する。結婚できたら、その生活の継続を頑張るみたいに。
継続の努力を容易くしたかったら、継続の努力に値する素敵な人を選ぶ必要があります。
もちろん、そんな素敵な人に選ばれるためには、自分自身の努力も必要ですが。
仕事でも、趣味でも。とりあえず、限界まで頑張ってみる。そんな目標を設定してみましょう。
とりあえず、達成するためには決心する必要がありますので。
決心したら、後は自分を鼓舞できる理由付けさえあれば、達成の可能性は出てきます。
例えば。ダイエットして健康的になりたいとか、美しくなりたいとか。
努力のための理由は、人様々でしょうが。
絶対に努力しないと、自分にとってひどい損失を被る、くらいな理由があったほうが、必死度と達成度の可能性が高くなりますね。
でも、くれぐれも疲れ果てて挫折しない程度に、何とか頑張れる程度の目標にしてみて下さいね。
きっと果てしない、終わることの無い深い達成感、満足感でいっぱいになれることでしょう。
どうか、満ち足りた人生が送れますように。





よかったらポチってくださーい♪
   ↓
にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
# by seroko4320 | 2020-09-20 19:00 | 風景 | Comments(0)

moon smile

ー俳句ー
三日月が笑う 紺碧色の空

moon smile_a0194990_15441503.jpg
                          無断転載禁止


今回は「月」についてです。
太陽と違って、満ち欠けする。なんか神秘的な不思議な存在です。
太陽と違って夜を照らしますよね。
なので、太陽が明なら月は暗。太陽が動なら月は静といったイメージです。
月は満ちかけに応じて、名称が色々あります。
新月、半月、満月だけではなく。
日本にはその満ち欠けによって、とても風流な呼び名があり親しまれています。
満ちても欠けても美しい、それが月なのです。
自ら輝く太陽と違って、月は照らし出される立場。
なんかとても、奥ゆかしい感じがします。それが日本人の国民性に合っているのかも。
でも、月が変わってみえるのは。あくまで太陽と月の位置関係が変わることによって、地球上の私たちが勝手にそう感じているだけなのです。
月が自ら、満ち足り欠けたりするワケではありませんよね。
月は月、そう丸いままです。
だから、人の人生だってそうかも。
自分は自分のままで、ただ立ち位置によって満ち足り欠けたりして見えるだけなのかも知れません。
実際の自分は、欠けることにない自分のままなのに。
他人からどう見えるかなんて、たかが月の満ち欠けと一緒なのかも。
月はそう、いつだってそこに見えるだけで美しいのです。
確かに、人生は山もあれば谷もあります。
でも月が、満ちていこうが欠けていこうが。その全ての課程が、どれも美しいのと同様に。
山にも谷にも、それぞれの違った意味合いや素晴らしさがあるのだと思います。
今宵の月は欠けゆく月。後4日後に新月を迎えます。
新月は、何もかも始まる新しい月。
満月に向かって、備えはじめる新しい日の月。
だから、新たな始まりに向かって、備えはじめてみませんか?
満月に向かって、輝く準備を始めましょう。今夜から。




よかったらポチってくださーい♪
   ↓
にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
# by seroko4320 | 2020-09-13 19:00 | 風景 | Comments(2)

storm

ー俳句ー
暴風雨のごとくに 降りしきる星

storm_a0194990_15215967.jpg
                        無断転載禁止

今回は「暴風雨」についてです。
激しい風雨、嵐についてです。
折しも今は、日本は台風シーズンですよね。
毎年のように必ず起こる、あまり嬉しくない年中行事の自然災害です。
「ハリケーン」「サイクロン」など、発生地によって色々違う呼び名があるようですが。
東アジアで起きる熱帯低気圧が、私たちが普段「台風」と呼んででいるものです。
ただ暴風が吹き荒れるだけの、迷惑な気象現象といったイメージですが。
奥ゆかしく風流な部分もあります。
旧くは、源氏物語の時代でも「野分」と呼ばれていました。
野の草を風が強く吹き分けるのが、由来のようです。
源氏の君の息子、夕霧が。
普段は御簾の中でお姿を拝見できない、父の正妻の紫の上を思いがけずに拝見してしまい、その美しさにドキドキしてしまう場面です。
思いがけない偶然を、野分は運んでくれたようです。
ですが、台風はヒドイ自然災害には違いありません。
今回の台風9号、10号だけでなく。未だに以前の台風15号、19号による爪痕も未だに痛々しく残っているそうです。
今回の台風もまた、どれだけ被害を残すことになると思うと。
日本人として心が痛みます。
被災されてしまった地域の方々には、心より一日も早い復興を願わずにはいられません。
でも、毎年必ず起こる災害だと、予めわかっているので。
地震と違って、防ぎようがないものかとは思います。
備えあれば憂い無しなのですから。もちろん、備え以上の災害に見舞われてしまう恐れはあります。
国防とは、武器を買いそろえることだけでは無く。
国民を守る、すなわち災いを防ぎ国民を守ることが、国防だと思っています。
今はそれが、コロナや自然災害が対象になると思います。
国民の安全を保障した上でなければ、経済の発展もあり得ないと思います。
国の予算は限られているのでしょうが、どうか正しい優先順位で使われることを切に祈ります。




よかったらポチってくださーい♪
   ↓
にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
# by seroko4320 | 2020-09-06 19:00 | 夜景 | Comments(0)

なごり色

ー俳句ー
夏の名残 記憶の中で 色あせて

なごり色_a0194990_15190242.jpg
                        無断転載禁止




今回は「なごり」に、ついてです。
物事が過ぎ去ったあとに、その影響がなおも残っていること、とか。
人と別れた後も、その面影が残っていること、とか。
お別れ際にも、それを惜しむ時にも使われますね。
とても懐かしく、記憶に刻まれている感じがします。
でも、良い場合だけでは無く。自然災害のなごりとか、ヒドい記憶の場合もあります。
また、物事の最後を指す場合もあります。この世のなごり、的な。
例えば、古典の人形浄瑠璃の「曽根崎心中」でも、 心中しようという二人にとっては、この道行がこの世の名残りであり、といった感じで。
最後だから、なおさら別れ際を惜しむ、といった感じでしょうか。
毎日、一期一会の気持ちで過ごすことは大切だと思います。
何に対しても、全力で悔いなく取り組める気がするからです。
自然災害、ウイルスなど。いつ私たちは、いまわの際を迎える事になるかわからない世の中です。
この世となごりを惜しむ間もなく、いきなり終了してしまう場合もあるのです。
自分が身罷られた後の、自分がいないこの世。
残された大切な人達や、仕事は?どうなるのでしょうか。
でも、今の時点ではまだ生きていますね。
だから、やり直しが利くし。それに、準備だって出来るのです。
自粛、自粛の毎日で。とかくだらだら過ごしがちになってしまいがちですが。
こんな時期だからこそ、自分を見直す時間が持てるのかも知れません。
残したい自分、消したい自分。
高齢者の方で無くとも、エンディングノートのようなものを書き残すべきかも。
自分が生きた証を、自分で残す貴重な時間。
要らないモノは断捨離、要らない感情も断捨離。
それによって、身辺をすっきり身軽にしておきましょう。
いざという時が来ても、身軽なら避難もしやすくなります。
何事にも、不必要な執着をせずに済みますし。
なごりを惜しむことは、大切ですが。最後は潔さも必要です。
古来から日本では、その潔さが美徳とされてきましたし。
努力と悪あがきは、異なりますしね。
永遠の別れで無くとも、つかの間のしばしのお別れであっても同じことなのかも知れません。
こんな不安定な世の中の時だからこそ、毎日を大切に生きる。
大切な人達を、思いやることが出来るのです。
たとえ実際の、お互いの距離は遠くてもです。
なごりは悲惨な記憶ではなく、満たされた優しい記憶になることでしょう。
なごり惜しくなるような、そんな充実した素敵な人生だったと。
そう思えるように、一生懸命生きていきたいと思います。





よかったらポチってくださーい♪
   ↓
にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
# by seroko4320 | 2020-08-30 19:00 | | Comments(2)

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
LOTUSさん 春と違..
by seroko4320 at 14:05
群生のコスモスも素敵..
by LOTUS41LOTUS at 19:28
LOTUSさん 青は本..
by seroko4320 at 21:33
美しい夜景ですね&..
by LOTUS41LOTUS at 16:51
LOTUSさん 人の姿..
by seroko4320 at 22:42
宵の空と三日月。 ..
by LOTUS41LOTUS at 17:20
LOTUSさん 想い出..
by seroko4320 at 20:34
この黄色は鮮やかで..
by LOTUS41LOTUS at 14:33
LOTUSさん ええ、..
by seroko4320 at 15:30
向日葵の行列は、なん..
by LOTUS41LOTUS at 15:36
あさや~んさん 本当に..
by seroko4320 at 20:13
《 残暑お見舞い申し上げ..
by あさや~ん at 18:29
LOTUSさん いつか..
by seroko4320 at 19:43
画面いっぱいのイエロ..
by LOTUS41LOTUS at 10:20
LOTUSさん きっと..
by seroko4320 at 21:27
わぁ~~、愛さん..
by LOTUS41LOTUS at 08:14
LOTUSさん 密やか..
by seroko4320 at 20:41
蛍の光はとても..
by LOTUS41LOTUS at 19:01
LOTUSさん きっと..
by seroko4320 at 22:00
緑と赤紫のコントラ..
by LOTUS41LOTUS at 13:55
☆彡
最新のトラックバック
discount cod..
from discount code ..
free coupons..
from free coupons o..
http://www.b..
from http://www.boo..
from 源九郎の花便り
春を呼ぶ色
from My Photo Square
あけましておめでとうござ..
from My Photo Square
#023 微笑み
from Fancy Photo_plus
noXXX 東日本巨大地震
from Fancy Photo_plus
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
FX用語
最新の記事
maybe
at 2020-10-25 19:00
Bright future
at 2020-10-18 19:00
ひとりごと
at 2020-10-11 19:00
炎上
at 2020-10-04 19:00
time goes by
at 2020-09-27 19:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧